経済苦手な方のために、株価と為替の関係 をわかりやすく書いて見ました

6/11アメブロより↓

今日は株価と為替について。

上場企業の中で、

為替の影響を受ける業種は

数多くありますね!

海外で不安な出来事が発生し、

リスク回避で日本円が他の通貨に比べて

めちゃくちゃ買われると

円高になってしまうので

輸出企業はダメージを受け

輸入企業は予想外の利益が出ます。

例えばトヨタがアメリカ向けに

10万ドルの車を販売すると

1ドル=100円の時に売れれば

1000万円分の売上が上がりますが、

1ドル=99円の円高になった時に売れた場合

990万円の売上になります。

つまり、

1円円高になると

10万円も損

をしてしまうんですね💦

 

輸入企業はこの逆です。

このように企業業績にとっては、

今後の為替の動きは

無視できないくらい重要なのです。

 

 

なので、

企業は今後の業績予想を立てるときに、

想定為替レートを用いて、

どのくらいの利益を出せそうか

計算して発表しています^ ^

4月2日に発表された日銀短観によると、

大企業、製造業が

事業計画のもとに
している

想定為替レートは

 

通期で109円66銭

*参考ページ:最新の日銀短観*

このレートを超えて円高になると

輸出企業は事業計画ほど

利益が出せないので、

業績を下方修正する可能性が強まります。

業績が下方修正されると、

株主としては

あんまりこの株を持っていたくない!

他の人も売るだろうから早く逃げなきゃ>_<

と考える人が増えるので、

売却されて株価も下がりやすくなります。

逆に、

レートが110円台の

円安になってくれると、

企業業績が上方修正される可能性が高まり、

輸出企業が多い日本経済や株式相場にも

良い流れが生まれます^ ^ 💕

日本は輸出企業が多いので、

この想定レートよりも

円安になってくれた方が、

日経平均株価も上がりやすいですし、

日経平均やTOPIXに連動するような

インデックス投資信託の成績にも

期待ができます♡

なので、日本株系の

投資信託を持ってる方は

『円安いいね💕💕』

ってインプットしておきましょう♡

 

こんな風に、

企業業績や株価、

さらには投資信託にも

繋がってくる為替の動きにも注目して、

色んな戦略を巡らせてみてくださいね^ ^

 

ここまで読んでみて、

そもそも為替って何?

と思われた方は、

こちらのブログも読んでみてくださいね^ ^

*簡単に為替を説明したらこうなりました*

◆◇◆ゆっくり独学したい方向け◆◇◆

 

◆◇◆ご提供中メニュー◆◇◆

 

≪500円から始める投資信託セミナー≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です